症例:肩の痛み、肩こり (小学2年生)

◎年齢 性別

小学2年生 男性

◎症状と来院理由

 

今まで数回来院があったお客様で、今回は半年ぶり。

小学生にもかかわらず、先日急に肩の痛みが出てきたとのこと。

もちろん、生まれて初めての肩こり。

 

 

◎来院回数

1回

 

◎施術内容と経過

検査を進めていったところ、上半身の問題を確認。

背骨、特に腰椎に圧痛あり。

 

腸腰筋の筋力低下があったため、腰椎を整えるも肩の痛みは残る。

細かく確認していったところ、耳の後ろで反応あり。マスクか。

 

耳後ろを修復するも、まだ痛みは残るのでさらに検査。

すると鼻背(眉間の少し下の部位)で反応あり。

話を聞いたところ、最近眼鏡をつけ始めたとのこと。

 

修復後、痛みは半分ほど改善。

 

次の日に子供の父親に聞いたところ、帰ってから痛みは消えたとのこと。

 

 

◎考察

コロナ禍特有のマスクによる耳周りへのダメージと、合わない眼鏡が原因による肩こり。

マスク着用 → 耳周りの毛細血管の圧迫 → 血流不足によるダメージ

が起こっていた。

マスクゴムが伸縮性の無いものだったのが大きな原因。(ユ○クロのマスク)

 

さらに眼鏡の鼻当て部分が合っておらず(本人も「実は痛かった」とのこと)、鼻の圧迫が生じていた。

 

これらの結果、首肩周りの筋肉が緊張した状態になってしまい、小学生にもかかわらず肩こり、肩の痛みを引き起こしていた。

 

今回は原因が完全に特定できたことが功を奏し、早期改善につながった。

 

 

身につけるモノが原因でゆがみを生じるケースは思いのほか多い。

今はコロナ禍なのでマスクが多いが、合わない靴などが原因のことも非常に多い。

 

どんな身につけるモノも、選ぶ際、装着前後で身体の関節可動域を確認することで、「合っているかどうか」をチェックすることができます。(詳しくはお問い合わせいただくか、ご来院の際にご質問ください)

ぜひ試してみてください。